IphoneでSSLエラーと表示されるのはなぜ?

Iphoneを使ってインターネットを利用している際に、SSLエラーが表示されている場合、いくつかの原因が考えれます。
まず一つ目として、Wi-fiや無線LANを利用してインターネットを接続している場合、ネット回線が安定をしていなかったり、ファイヤーウォールによってSSLに対応されているサイトに接続をすることができないということが原因として考えられます。
この場合、使用しているWi-fiや無線LANを一度オフにして、もう一度オンにしてみましょう。
それでもダメな場合は、ファイヤーウォールの設定を変更することも検討してみましょう。
また、Iphoneがバグを引き起こしている可能性もあります。
このバグが原因でSSLエラーが表示されてしまっている場合もありますから、一度電源を切って再起動をしてみてください。
再起動をすることで、バグが解消されて、SSLが導入されているウェブサイトやサービスに再び接続することができるという場合もあります。
そして、最後に、Iphoneの時計設定が狂ってしまっていることが原因でSSLエラーが表示されるという場合もあります。
時計がずれてしまっていて、過去の時間になってしまっていると、「SSLの証明書が無効になっています」と表示されることになります。
以上の原因によって、SSLエラーを引き起こしてしまうケースがとても多いです。
これまでは普通に使うことができていたのに、急にSSLエラーが表示されるようになってしまったのであれば、上記の対処方法を試してみてください。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »