SSL3.0を無効化するには?

SSLのバージョンである3.0の脆弱性がネット上などで知られるようになってから、SSL3.0をできることなら利用したくないという人もいるのではないでしょうか?
SSL3.0だから必ずしも個人情報を盗み取られてしまうというわけでもありませんし、もしも盗み取れてしまったとしても、暗号化されたデータが全て復元されてしまうというわけではありません。
ですから、あまり危惧する必要はないのですが、どうしてもSSL3.0を利用したくないのであれば、SSL3.0を無効化するといいでしょう。
インターネットエクスプローラーでSSL3.0を無効化したいのであれば、インターネットエクスプローラー内にあるインターネットオプションの詳細設定を開いてください。
ここに、接続を許可する形式一覧が並んでいます。
その中にSSL3.0の接続を許可するという項目がありますから、この項目のチェック欄を外すだけです。
Fire Foxを利用している場合は、バージョンアップをさせることによって、SSL3.0を剥こうかにすることができるアドオンが追加されています。
グーグルが提供しているChromeでは、近い将来SSL3.0を打ち切ると公式に発表していますから、次のバージョンアップでSSL3.0が無効化されるのではないかと予想されています。
なお、SSL3.0を無効化してしまうと、SSL3.0にしか対応されていないウェブサイトページを利用することができない場合もあります。
TLSなどに対応されているのであれば、問題なく利用することはできるでしょうが、そうではない場合は、本当に無効化するかしっかり考えるようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »